意匠登録とは?

意匠登録とは、物品のデザインを保護するものです。
意匠法では、第2条で以下のように規定しております。

「意匠」とは、物品の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合であつて、
視覚を通じて美感を起こさせるものをいいます。


いわゆるデザインは、意匠登録により保護されることになります。
なお、商標法においても、立体的な商標が登録を認められており、
デザインは商標登録でも保護される場合があります。

識別番号と委任状について

以前に特許出願や意匠登録出願、商標登録出願などを行い、
特許庁から識別番号を与えられている場合は、識別番号をお知らせ下さい。
識別番号が不明な場合は結構です。
また、委任状は、特別な場合を除き意匠登録出願や商標登録出願には必要ありません。

意匠登録の料金

費用については、意匠登録費用について をご覧下さい。
意匠登録出願及び意匠登録にかかる費用がわかります。
意匠登録出願の依頼は、意匠登録出願依頼 から意匠登録出願をご依頼下さい。
簡単に意匠登録出願依頼ができます。

商標登録について

デザインやマーク・図形などは、商標登録の対象にもなります。
商標登録をご希望の場合は、 商標登録のページをご覧下さい。
商標登録する際は、会社設立 も検討すると良いでしょう。
会社設立商標登録 もご覧下さい。

商標検索について

上述のようにデザインやマーク・図形などは商標登録の対象にもなります。
商標登録前の調査・検索をご希望の場合は、商標登録検索・調査 のページをご覧下さい。

意匠登録の表示

意匠登録されていない意匠(デザイン)に「登録意匠」や「意匠登録」等の意匠登録表示をしたり、
意匠登録と紛らわしい表示をする行為は、意匠登録の虚偽表示にあたり禁止されています。

写真

更新情報・お知らせ

2016/10/27
 外国で意匠登録する場合 について更新しました。NEW
2014/07/23
 意匠の定義について 更新しました。
2014/07/09
 ホームページリニューアル